【小論文の極意】小論文を書く際の時間配分と準備のポイント

入試や検定では時間配分と準備が勝敗を分ける!



皆さんは、作文や意見文を書くとき、いつも時間に追われていないだろうか。
書き出しているうちに、いつの間にか時間が迫っていて、

「やばい、あと5分しかない!」

なんて思ったことは、一度や二度ではないでしょう。
そんなあなたに、今回は時間配分のポイントと、小論文作成時の思考法を説明していきます。

基本的に、「テーマ型・課題文型」での作成思考法です。では、さっそく見ていきましょう!




小論文作成時における時間配分のついて

  



そもそも時間配分は文字数によって異なります。
大学入試の場合文字数は平均的に800文字
といます(もちろん、1000字以上のものも存在しますが)。基本的には平均値である800文字をベースにして練習していけば良いと思います。

時間配分は下記の通りです。

 

《800字以内で述べよ 「制限時間60分」》

① 論題についての考察と構成展開を考える(20分)。
② 実際に序論から書き始める。(30分)
③ 見直し。(10分)

 

私はこの時間配分を守るようにしています。実際に文字に起こして800字を書く際は1文字2.25秒ペースで書かなければなりません・・・結論から言うと、慣れてしまえば、1文字2.25秒ペースはそこまで難しくありません。

それでも、

「小論文の作成はまだ初心者だから無理だよ!」

と言う人は「実際に序論から書き始める」の時間を増やして下さい。例えば、

 

① 論題についての考察と構成展開を考える(15分)。
② 論から書き始める。(35分)
③ 見直し(10分)

 

このようにします。なぜ「実際に序論から書き始める」ところをあまり伸ばさないのかと言うと、小論文を書くときは、「書き始める前」が最も重要だからです。

書き始める前に、ある程度の準備をしておけば、書くときに困ることはほとんどありません。逆に時間がなくなってしまう人は、この書き始める前をおろそかにし、「早く書き始めることで良い表現ができる」と単に時間だけを意識しているからです。

ゆえに、小論文作成は時間との勝負であり、効率的に作業していかなければならないのです。




 

 

書き始める前の準備の仕方(20~25分)

 

 



小論文作成上、最も重要と話してきた「論題についての考察と構成展開を考える」ですが、単に「適切な準備をして、記述にあたれ」というのは、少々無茶な話だと思いますので、ここで、「準備の仕方」について説明します。

 

 

テーマ型での準備の仕方


テーマ型による準備の仕方は、まず問題提起を作ることです。

「幸せについて」「臓器移植について」など、非常に抽象的なものがテーマ型の特徴です。テーマ型小論文では、この抽象的な内容を捨象していき、どこに言及していくのかを決める必要があります。

そこで、問題提起が大切になってくるのです。
問題提起をして、自らの意見を明確なものにします。

 

※問題提起を作るときのポイントは下記の記事に書いてあります。
リンクボタンをクリック!


関連記事

問題提起のコツを伝授 今回は、小論文において大切な「問題提起の書き方」について、解説をしていきます。 「【小論文の極意】シリーズ」を読んでくださった皆様なら、小論文とはどのようなものなのかがおおよそご理解頂けたのではないかと[…]


 

問題提起が完成したら、対立軸のどちらかに賛同しましょう。
基本的にこれらは、問題の余白や裏面などを使って、メモしていくようにして下さい。

本論では

①一般論
②一般論の否定
③具体例
④考えられる反論
⑤考えられる反論の否定

 

結論では

①いままでのおさらい
②未来につながること



上記のように、箇条書きにしたものを全てメモしていきます。
これが準備です。

 

 

課題文型での準備の仕方


課題文型では、まず初めにある課題文を読まなければなりません。課題文型の準備で一番大切なのは「筆者の意見を理解すること」です。

大前提として、課題文型の小論文は、「筆者の意見を理解し、それに対して自分の意見を主張する」ことで成り立ちます。

近年の大学入試では前者である「意見の理解」がどれくらいできているのかが重要視されてきています。つまり、準備段階として、「意見の理解」が大前提になるということです。

 

《筆者の意見を理解するポイント》

①筆者は当たり前のことを言わない。
②常識論に対する筆者の違和感をとらえる。




②の違和感をとらえることがなぜポイントなのかというと、筆者の主張につながるからです。「でも」「だが」「どうして」などの筆者が疑問に感じているところに関しては、主張になるかもしれないので、線を引くなどして、要チェックをしましょう!

①と②のように筆者の意見を理解するために、まずは読解に努めてください。読解して、主張を見出したら、そこからその主張に対する自分の意見を考察します。自分の主張を明確に提示したのちに、本論に入っていく準備をします。ここでの最大のポイントは、大学入試までにおいては、「反論は求められていない」ということです。

筆者の意見に賛同をするほうが圧倒的に良いです。これはなぜかというと、課題文に反論をすることは容易ではないからです。なおかつ、反論できるものかどうかのレベルを識別しなければなりません。これでは時間がかかりすぎて、本来書けるはずの時間を失ってしまいますね。

本論部分の準備は、「筆者の違和感を共有すること」です。

「筆者の違和感=筆者の主張」

ここで述べなければならないのは、筆者の違和感(主張)とは別の角度から根拠をたてていくことです。例文より、別の角度の意味を理解しましょう。


筆者「グローバル化の促進は格差社会の増大を意味するのでやめたほうがよい」



書き手「グローバル化は格差社会も当然ながら、日本の生産人口を下げることにもつながる」

 

例文のように、筆者の主張とは視点をずらしてさらに、その賛同意見を根拠立てていく必要があります。準備はこの視点をずらした意見を考察することです。ずらした視点はメモに書き写しましょう。





実際に書き始める(30分)

 



準備万端になったら実際に書き始めます。
1文字2.25秒ペースで書かなくてはいけませんが、準備をしっかりとしていれば、むしろ余裕をもって書くことができるはずです。

書き始めるときの注意点は以下の内容です。

 

《書く時の注意点》

① 文字は「きれい」ではなく、「ていねい」を心がける。
② 原稿用紙の使い方を間違えない。
③ 適切な接続表現。
④ 呼応を意識する。
⑤ 必要な文字を飛ばすことがないように。
⑥ 話し言葉はだめ。
⑦ ら抜き言葉、い抜き言葉だめ。
⑧ 敬体・常体の統一

 

 

最低限のポイントは上記の8つです。ここでは細かく説明はしませんが、今後詳しく説明した記事を提示しますね。特に②の原稿用紙の使い方には注意をして下さい。一度失敗してしまうと、全て書き直しになってしまいます。時間制限がある小論文入試では、その時間のせいで全て狂ってしまいます。最大限の注意を!


 

 

治験モニター募集



 

 

 

 

見直し(10分)

 



見直しの時間は早ければ5分くらいでも大丈夫だと思います。私は基本的に、見直しは10分以内で収めています。見直しをする際のポイントは以下の通りです。



今まで書いてきたことはこの見直しのためにある



この一点です。
「実際に書く」の部分で注意した点に関して、入念にチェックを行えば完了です。ここは、心構えだけです。ミスを見つけて、「うわぁ、最悪だぁ~」と思うのではなく、「ミスが見つかってよかった!」と思うことが大切です。

1人で書いているのだから、ミスはつき物です。逆に必ずあるミスを見つけることができたら「最高」ですよね!前向きな思考で、書き終わってからも充実した時間にしてほしいと思います。

 

 

 

 

まとめ


どうでしたか?
今回は時間配分と準備のポイントについてお話しました。論題を読んでいきなり書き始めていた人は、必ず途中で躓きます。そして、そのまま軌道修正することなく論理展開をしていけば、どうなるかわかりますよね・・・?

なぜ、このような準備をするのかというと、「良い小論文」を書くためです。

良い小論文=論理が貫通している

最初にきちんとした道筋を描くことによって、論理の貫通した良い文章になります。だからこそ、準備が一番大切なのです。書くことや見直しは準備ありき!

課題文型の小論文についての詳細はまた後日記事にします!
お楽しみに!

『エレクトーレ フェイストリートメント』 至極の10秒間で 潤い透明肌



いろはに小論研究所の最新情報をチェックしよう!
>IROHANI 小論研究所

IROHANI 小論研究所

当サイトでは、本気で小論文作成能力を向上させたい人に向けて、情報を発信していきます。文章が書けなくて、悩んでいる方、今からでは遅いと諦めかけている方、安心してください、当サイトの情報をしっかりと一つずつ学んでいけば、誰でも簡単に良い文章が書けるようになります。

CTR IMG