【小論文の書き方極意】小論文の書き出しのコツ!

【小論文の書き方極意】小論文における書き出し(序論)のコツ!

今回は、小論文の書き出し(序論)部分の重要性について解説していきます。

書き出しと言うのは、小論文の書き始めのことです。

小論文は構成さえつくることができれば、スラスラ書けると言われていますが、意外にも書き出し部分で躓く人が多いようです。。。

 

「そもそも構成の書き出し部分で躓きます・・・」

「最初に何を書いて良いのかわからない!」

「最初に書くのはその問題における主張だっけ?」

 

など、小論文添削をした後のフィードバックタイムで、よく教え子や聞いてきます。

今回は、この疑問を解決すべく記事を書いていこうと思います!!

小論文の書き出し部分を理解するためには、まず小論文の構成についておさらいする必要があります。

下の記事は、小論文の構成について詳しく書いたものです。書き出しのコツを学ぶ前に、一度こちらの記事をご覧になって頂けると、さらに理解が深まると思います♪

 

関連記事

小論文はまず「構成」を理解しろ!   今回は、小論文の基本的な知識として、「構成」のお話をしていきたいと思います。 小論文作成にあたっては、この基本的な「構成」が使えるようになれば、誰でも簡単に論理的な文章を作ること[…]

小論文の構成

基本的に小論文は、「序論・本論・結論」で構成されています。

序論では課題に対する「自分の意見と問題提起」、本論では「その理由と、客観的考察から得られた根拠」、結論では「今まで述べてきたことをまとめる」。ことによって、読み手に分かりやすく、かつ論理的な文章をつくることができます♪

書き出しは、この中でも序論部分に当たりますが、冒頭の1行目とか正直何書いて良いのか分かりませんよね。。。しかし、この書き出しにはコツがあります。

元々の大前提として、小論文には美しい文章を書くための表現工夫など必要ありません。逆にそういった文章を書こうとすると、相当な表現力を持った人でなければ、読み手に伝わりにくい文章となってしまいがちです。

要するに、小論文で最も大切な要素である「論理性」を追求するために、表現をこだわる必要はないということです。

そのため、書き出しをパターン化して、それに当てはめる形で、どんな問題でも書き出し始めれば良いのです!!

下の記事は小論文の構成バリエーションについてです。構成には様々ありますから、自分にあった書き方を見つけてみてください↓↓↓

関連記事

小論文の構成バリエーションはこの3つを覚えれば大丈夫!      今回は、小論文の基本的なバリエーションについてお話します! 小論文の「構成バリエーション」は全部で三種類あります。基本的に3段構成の「序論・本論・結論」の[…]

次に、「序論の構成」について解説していきます。

問題提起と意見提示

まず、書き出し部分で意識しなければならないのが、この『問題提起』と『意見提示』です。

 

『問題提起』とは

これからどんなことを述べていくのか、その道筋を表すことです。

例えば、「グローバル化について」というお題だった時、問題提起は

 

「では果たして、世の中がグローバル化は本当に社会を豊かにしてくれるのだろうか。」

 

などです。

 

『自分の意見を述べる(意見提示)』とは

問題提起に沿って自分の意見を述べていくところです。

基本的にこの意見提示の部分は、問題提起のあとに述べていきます♪

例えば、先ほどの内容に続けていくと、

 

「確かに、近代から現代の文明の進化には、グローバル化の恩恵が大きい。実際、ここ100年足らずで、非常に便利な社会へと変わった。商圏範囲の拡大や科学技術の進歩など、今まで解決できなかった問題も国際的な協力を経て、解決できるようになってきている。しかし、これは逆に競争原理の激化をも招いているのである。私はその点において強い懸念がある。」

 

などです。

このように、「確かに~、しかし~」と述べることで、自分だけの意見ではないという広い視野を読者にアピールすることができるので、使い勝手が良いです。

この部分が序論内容として組み込まれると思うのですが、きっと皆さんがこのページをご覧になって疑問に思っていることは、

 

 

序論の書き出し部分

 

 

だと思います。

では、次に「序論の書き出し部分」について、どんな内容にでも使えるいくつかのパターンをご紹介したいと思います!!

序論の書き出しパターン

序論の書き出し方には、いくつかのパターンがあります。

先ほども述べましたが、小論文に「美しい文章表現」は必要ありません。いかに論理性を求めるか。どこまで短い文章で明確に自分の意見を相手に伝えるか。それだけに注力すれば良いのです。

だから、この後紹介するパターンの中から、自分に合っている書き方(書きやすい内容)を見つけ出して、全ての小論文に適用すれば良いです。

採点者側は、毎回小論文のチェックをしているわけではないし、受験勉強に追われている高校生などは、小論文の勉強にそこまで時間をとることはできないでしょう。

「自分だけのオリジナルを作りたい!」という方は別の方法を試してもらいたいところですが、ここでは、小論文の勉強にそこまで時間をかけることができないという方に向けて、発信していきます。

最近見かけたことを述べる

もちろん、最近見かけたことを述べるというのは、何を問題にしていくかによります。例えば、先ほどのグローバル化であれば、最近見かけたグローバルな光景を最初に述べれば良いです。

 

「最近、近くのコンビニでは、たくさんの外国籍労働者が働いている。」

「先日、秋葉原に行った際、歩行者天国が外国の方で覆われていることに驚いた。」

 

など、その問題に対しての具体的背景を、自分の経験から述べる方法です。

このような書き方は、読者を文章の世界に導く効果を持っています。

現在の社会状況を述べる

現在の社会状況を述べるのも効果的です。こちらも「最近見かけたことを述べる」同様、何を問題にしているかによって、述べる内容が変わってきます。

例えば、先ほどのグローバル化であれば、現在のグローバル化における社会的内容を述べていくのです。

 

「現在、日本ではグローバル化が進んでおり、今まで解決できなかった出来事なども、国際的な検討により解決できるようになってきた。」

 

などです。

現在の社会状況を述べることによって、その後のデータ挿入や客観的考察がスムーズに入れますし、読者に冒頭部分から何について話すのか明確にすることができます。

すでに検討されていることについて述べる

これは少し難易度の高い書き出しとなりますので、初心者の方は「最近見かけたことを述べる」か「現在の社会状況を述べる」で初めは実践した方が良いです。

すでに検討されていることについて述べるとは、実際に現在議論されているようなことについて、書き出しで述べることを言います。

例えば先ほどのグローバル化についてでは、グローバル化することで及ぶ問題について、現在議論されている内容を最初に述べます。もちろんこれも、その問題に対しての議論内容であり、その他ではありません。

 

「現在グローバル化については様々な問題点がある。グローバル化が競争原理を激化させ、格差社会を拡大させるというのもその一つである。」

 

などですね。

ただ、この内容を実践するには、ある程度の知識が必要です。なぜなら、冒頭で実際に起きている問題を述べてしまうことにより、その後に述べる自分の意見に制限がかかってしまうからです。

知識が不十分な状態で、この書き出しは余りオススメしません。

 

以上の3つが、書き出しのコツです。

どれが自分に合うかは書いてみて決めてください。

ばっちし合う書き出しがあれば、その型をどんな小論文にでも使っちゃいましょう☆

まとめ

今回は、序論の書き出しのコツについて解説をしました。

「最初に何から書き出せば良いのか分からない」

という問題は解決できたのではないでしょうか。

また、下記の記事は小論文の極めるためのオススメ参考書です♪良かったらご覧下さい。

関連記事

ここでは、大学入試等で小論文試験が課されている方向けに、能力UPに即効性のある参考書を選抜して紹介していきます。 よくよく世間では、 世間の声「小論文の書き方が分からない」「授業で小論文の書き方について説明されない」「小[…]

小論文は独学で大丈夫!
いろはに小論研究所の最新情報をチェックしよう!
>IROHANI 小論研究所

IROHANI 小論研究所

当サイトでは、本気で小論文作成能力を向上させたい人に向けて、情報を発信していきます。文章が書けなくて、悩んでいる方、今からでは遅いと諦めかけている方、安心してください、当サイトの情報をしっかりと一つずつ学んでいけば、誰でも簡単に良い文章が書けるようになります。

CTR IMG